イスラエルのRetubeが日本進出!ビデオコマース市場の黒船となるか?

Retube.incの日本進出が決定。イスラエルスタートアップのローカライゼーションを行うPANGETERN LIMITEDと協働でサービス展開を開始する。

Retubeは『Samurai Incubate』からシードでの出資を受けているイスラエルのスタートアップ。同社の”動画のインタラクティブ化”技術はこれまでの受動的な動画視聴から、ユーザーのタッチによって動画を変化させる能動的な視聴を可能にしている。

また、Coca-ColaやMercedesBenzがスポンサーに付くイスラエルのアクセラレータープログラム”The Bridge 2016”にて数千社の応募から上位10社に選ばれるなど今イスラエルでも注目されている企業だ。Retubeがビデオコマース市場の黒船となるか?注目が集まる。

色のボタンを押すと、瞬間的にモデルの口紅の色、購入先のページが変化する。

Retubeは黒船となるか?

CChannelやメルカリなどのスマホ向け動画配信サイトが相次いで動画を活用した提案型のネット通販に参入している。また、FacebookやInstagramなど各SNSプラットフォームのEC化も進んでいることも記憶に新しい。

ただし、多くの動画メディアや動画を利用したEC事業者など動画コンテンツを配信する企業にとって、通販機能を開発をするにはコストも時間も掛かってしまいることも事実だ。

そんなニーズに対して、Retubeを利用すれば簡易に既存の動画を通販機能の付いた動画に加工することが出来ます。これによりユーザーはその動画を観た後に商品を探すという面倒な手間がなくなり、そのまま動画上で購入ページに遷移できるため購買意欲が高まります。また広告主としても、販売出来た分の成果報酬で広告料を支払えば良いのでROIがはっきり見える動画キャンペーンを行うことができるという。

※デモ例2:

モデルが着た服を購入出来たり、イベントやコンサートのチケットを購入可能。

また通常の動画のみでなく、ライブストリーミングや360°動画にも対応可能。将来的にはVR・ARなどへの対応も進め、動画を使ったプロモーションの多様なニーズに応えていくそうだ。

・Retubeについて
会社HP:https://www.web.retube.tv/
所在地:イスラエル、テルアビブ
事業内容:
- インタラクティブ動画制作のプラットフォームの開発
代表者: CEO Shai Shawartz(シャイ シュワルツ)

・Pangeternについて
設立年月日:2017年2月21日
所在地:香港
事業内容
- イスラエルスタートアップを動画で紹介する「Israel Startup Channel」の運用
(http://www.facebook.com/israelstartups/)
- 独自に作成したデータベースを元にしたイスラエルスタートアップのレポート販売
- Retubeの代理販売
代表者:CEO 坪井稜真(つぼい りょうま)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です