Febeでミヒャエル・エンデ著の名作『モモ』が配信へ!朗読は声優の佐久間レイ!

オトバンクが日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」にて児童書分野のオーディオブック配信を本格展開する。その第一弾として、ベストセラー児童文学『モモ』(ミヒャエル・エンデ著)を、7月28日より配信した。『モモ』は、1974年に本書の初版がドイツ児童文学賞を受賞した後、世界各国で翻訳されている、ミヒャエル・エンデの不朽の名作。日本でも、1976年に岩波書店より刊行されて以降、子どもから大人まで幅広く愛され続けてきた作品だ。

オーディオブック化にあたり、声優・佐久間レイさん(代表作 アニメ『それいけ!アンパンマン』バタコさん役、映画『魔女の宅急便』ジジ役など)を起用。約13時間にわたる朗読で、「時間」とは何かを問う物語を音の世界で新たに楽しむことができる。あわせて、ピアニスト・佐田詠夢さんが本作品のために書き下ろしたオリジナル曲も加わり、表情豊かに物語を表現しているという。

「FeBe」は今後も世界的なベストセラー児童書を隔月で配信していくほか、児童書ならではの販路の拡大を行っていく予定だ。

オトバンク 代表取締役会長・上田渉より

多くの方に愛され続けている『モモ』。本作は私自身の人生においてとても大事な作品で、小学生のときにはじめて読んでから時は経ちますが、大人になった今でもふと読みたくなりページをめくります。『モモ』をはじめとして、みなさまの“思い出の一冊”をオーディオブックという新しい形でお届けしていければと思います。

岩波書店デジタルコンテンツ事業部 宮下美紀子より

『モモ』は小社児童書の中でも、『星の王子さま』と並んで「読みました!」「大好きです」と、挙げていただくことの多い作品です。小さいころ、どんな風に読んだか、どんな場面が好きか。それを話してくださる皆様の笑顔がいつも、私達の励みになっています。
文字で読むのとはまた違う、音で味わう『モモ』。そこにどのような世界が広がっているのか、楽しみです。一人でも多くの方に、このオーディオブックを聞いていただければ嬉しいです。

オーディオブック版『モモ』商品情報

配信開始日:2017年7月28日 価格:1,836円(税込)
配信時間:約13時間
作者:ミヒャエル・エンデ、翻訳者:大島 かおり
朗読者:佐久間レイ、音楽監修/作曲/ピアノ:佐田詠夢
制作元:オトバンク
配信元:オーディオブック配信サービスFeBe(フィービー)
特設サイトURL:http://febe.jp/ende

※オーディオブックとは…プロの声優やナレーターの朗読により、本を音声でお楽しみいただけるサービスです。

FeBe

株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービス。2007年よりオーディオブックの配信を開始、現在約 20,000 本のコンテンツを配信し、オーディオブックのパイオニアとしてプラットフォームを提供しています。
URL:http://www.febe.jp/

株式会社オトバンク

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指しています。450社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( http://sinkan.jp/ )を中心とした書籍のプロモーション事業や「朗読少女」「朗読執事」を手掛けています。
URL:http://www.otobank.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です